3枚おろしのコツ

丸々1匹の魚を下ろすとき、魚によっていろいろなおろし方がありますが、中でも3枚おろしというのが一番基本的で出番の多いやり方だと思います。
3枚おろしが上手にできるようになれば一般的な魚には大体適応できますのでまずは3枚おろしから覚えてしまうことをお勧めします。
大きさはいろいろありますが、基本は全て一緒です。
大切なことは、まず魚の構造を知ることとお使いの包丁の角度を把握することです。
いきなり開いていく前に、魚の骨のある場所やヒレ、関節といった基本的なところの場所を把握し、そこを踏まえてどこに包丁を入れていけば良いのかをイメージします。
次に、意外と見落としがちですが、包丁の角度も大事になってきます。
包丁というのはどのような包丁でも必ず刃がついており角度がありますのでその角度を中骨などに合わせて切っていかないと身がごっそりと中骨についてしまいもったいない感じになってしまいますので注意が必要です。
他にもたくさんのポイントがありますので少しずつお伝えしていきますが、まずは上記を踏まえながらお試しください。
1度や2度では難しいですが諦めることなくその都度よくできなかったところがあればなぜよくできなかったのかを洗い出し次に繋げていけばいつの間にか自然とできるようになると思います。
魚をおろせるようになれば、アラや内臓なども使えて料理のレパートリーも広がりますし、切り身を購入するよりとても経済的ですのでとってもお勧めです。
あまり知られておりませんが、魚というのは多少の差はありますが、6〜7割がアラで上身にすると3〜4割ほどになってしまいますのでお魚屋さんではその分を上乗せして売っているのが一般的ですからいかに割高かおわかりいただけるのではないでしょうか?

傳十郎:和食料理教室(実習形式) 
https://cookingschool.jp/school/denjuro
傳十郎:和食料理教室(デモンストレーション形式)
https://cookpad-cooking-school.com/schools/10255

fullsizeoutput_99d_convert_20170101101907.jpeg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Denjuro Ishii

Author:Denjuro Ishii
料理の本質のついて綴っているブログです。
日々の料理上達への参考にしていただきワンランク上の和食の世界を体験してください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
スポンサーリンク
リンク