FC2ブログ

包丁の使い方が大事な理由

料理をするとき大抵包丁は使うと思いますが、
あまり切れ味のよくない
包丁を使っている方もいるかと思います。

でも、ずっと使っていると切れないことに慣れてしまい
なんの違和感も感じなくなってきます。

しかし、それは美味しい料理を作る上では
とってもマイナスなことで
切れ味の悪いことで食材の切り口が死んでしまったり、
潰れてしまったりして仮に見た目では分かりづらくても
日持ちの仕方や、見た目の美しさ
に大きな差が出ているのです。

切れない包丁を使っていると、余計な力を入れなくては
切れないのでつい、知らず知らずのうちに力が入ってしまい
悪い癖がついてしまうのと同時に
手を切ってしまうリスクも高まります。

切れる包丁を使うと怖いと思ってしまう方もいるかもしれませんが
それは切れない包丁に慣れてしまっているため、切れる包丁を使った時の
スムーズ感や、簡単さを経験したことが少ないからだと思います。

道具は値段ではなく手入れの仕方と使い方ですので、
高いから良いというわけではありません。
高い包丁を購入してもずっと切れ味が持続するわけではなく
やがて切れなくなりますので定期的に研いでいただき
大切に使っていただけると包丁もそれに応えてくれると思います。

是非、食材と同様に道具も基本に沿ってお使いいただくことをオススメします。

傳十郎和食料理教室

傳十郎和食料理教室(デモ)



IMG_1899_convert_20160517181242.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Denjuro Ishii

Author:Denjuro Ishii
料理の本質のついて綴っているブログです。
日々の料理上達への参考にしていただきワンランク上の和食の世界を体験してください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
スポンサーリンク
リンク