柔軟な対応

料理を作っていて思い通り完璧にできたというものはそうそう多いものではないと思います。

でも、どこかで妥協し『こんなところでいいか』という感じになり
半ばあきらめて仕上げ食べてはみたもののあまり美味しくなく、ご家族などに
食べてもらってもいまいちな反応でがっかりなんてこともあるかと思います。

料理人でも毎日作っている料理の出来栄えが違い、なかなか完璧に
できたというものはありませんのである意味仕方のないところだと思います。

そのような状況になった時、毎回やり直すわけにはいきませんので
許容範囲内にまで修正して仕上げるにはどうすれば
いいのか?

一つの方法として、料理工程が進んで変化していく過程を
予測し数分から数時間後にどのように変化しそうかを
あらかじめ予想しながら作り上げていくことが
大きく外さないポイントとになります。

これは、ちょっと難しく感じられるかもしれませんが
それほど難しいことでありません。
毎日の料理を漠然と作るのではなく、作る料理の工程や出来栄えを注意深く観察し
美味しくできた時の料理のポイントや、あまり美味しくできなかった時の失敗だったポイント
などをご自身でメモしておき次につなげていくと予想が立てられるようになり
柔軟に対応できるようになってきます。

そうすることで、自然とご自身の許容範囲の中に収まるように
なり、大きなブレを小さくすることができるようになります。

『めんどくさい』、『そこまでいいかな』という思考はあまり進歩を生みませんが
『もう少しだけ頑張ってみる』ということを繰り返していくと
 脳はそれに応えようとする思考に変わっていき、今まで見えなかった
 ワンランク上の新しい料理の世界が見えてくると思います。

*ブログページの左側に苗木を育てて世界の木の足りないところに
 実際に植林するというブログパーツをつけて育てているのですが
 先日大人の木に成長して何処かの国に植林されることになりました。
 ありがとうございました。
 引き続き2本3本と育てていき木が不足しているところに
 木を植えていきたいと思っています。


fullsizeoutput_777_convert_20170712074431.jpeg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Denjuro Ishii

Author:Denjuro Ishii
料理の本質のついて綴っているブログです。
日々の料理上達への参考にしていただきワンランク上の和食の世界を体験してください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
スポンサーリンク
リンク