イタリアワインと和食

私、料理は和食専門ですがお酒は日本酒はもちろんですが
ワインも大好きでほぼ毎日のように嗜みます。

醸造系のお酒は食事と合わせると双方にとって相乗効果を生むことが多く
日々、どのタイプのワインや日本酒がどのような和食と会うかなどを試しながら
嗜んでおります。

そんな中、先日素敵な出会いがありましたので
ご紹介したいと思います。

イタリアワインの”マッツェイ バディオラ”というワインがあるのですが
このワインと”味噌を使った鰤大根”の組み合わせがとても良かったです。

何が良いかというと、バディオラはしっかりとした酸味を感じられ
果実味もあり、味はしっかりですが、香りはやや薄めのような気がします。
(あくまで私個人の見解ですのでその限りではありません)

そして、私の作る鰤大根は通常と少し異なり八丁味噌を使っていく
味噌煮系の鰤大根になるのですが八丁味噌を使って長時間煮込んでいくと
ほのかな酸味、渋みのようなものが感じられてきます。

そのコクと酸味、渋みがバディオラの酸味などととってもよくあって
どちらも、相乗効果でさらに美味しく感じられました。

一般的に、ワインに和食は合わせづらいのでは?
と思われがちですが、そんなことはなく
合わせ方でとても会うものが多くあります。

単純に、魚だから白、肉だから赤というわけでもなく
ワインの場合ブドウの品種がかなりの数ありますので
そのぶんだけいろいろなワインがあります。
ということは、和食に合うワインもかなりの数あります。

例えば、今回ご紹介した料理の鰤は魚ですが
味付けが比較的濃い八丁味噌を使っておりますので
白よりも赤の方が合わせやすいです。

それに比べて、例えば、鰤を塩焼きにしレモンをかけていただく
ような場合はリンゴ酸のきいた白ワインが
あわせやすいと思います。

このように料理の味付けなどによっても
合わせやすいものが変わってきて
これもワインの魅力の一つではないかと思います。

川口教室:ぶり_convert_20170906115902

*バディオラのボトルは現在ラベルが変わっております
 (写真のものは2000年の物になります)

IMG_4345_convert_20170906120435.jpg

IMG_4352_convert_20170906120010.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Denjuro Ishii

Author:Denjuro Ishii
料理の本質のついて綴っているブログです。
日々の料理上達への参考にしていただきワンランク上の和食の世界を体験してください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
スポンサーリンク
リンク