感覚

料理には感覚(五感)がとても大切です。

例えば、揚げ物などで揚げあがりのタイミングを
見極めるにも、視覚、聴覚、嗅覚を研ぎ澄まし
音の変化や泡の出方、匂いなどで
判断します。

本やサイトのレシピなどで
何℃で何分揚げたら良いというのは
あくまで目安にしかなりません。

なぜか?というと、ほとんどの場合、
食材の状態や温度
シチュエーションが個々に違うからです。

何が一番頼りになって正確かといえば
やはり自分自身の感覚と何度も繰り返し作った
経験が頼りになります。

もし、自分自身の経験や感覚に不安や疑問を
感じるということはまだ全てを
受け入れられていないということですので
不安などが感じられなくなるまで回数をこなし
どのようなシチュエーションでもできる!という
ところまで繰り返すことが
一番の料理上手への道になります。

私も、新しいレッスンを始める前などには
作り慣れた料理でも、
何度も作ってシミュレーションを繰り返し
間違い無いという自信をつけてから
始めるようにしております。

普段作る家庭料理でも同じですので
作っているときはなるべく五感を研ぎ澄まし
作っていると、なんとなく作るときより
築きが多くステップアップにつながります。



IMG_4236_convert_20170828080116.jpg






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Denjuro Ishii

Author:Denjuro Ishii
料理の本質のついて綴っているブログです。
日々の料理上達への参考にしていただきワンランク上の和食の世界を体験してください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
スポンサーリンク
リンク