FC2ブログ

加熱の仕方

蒸し物や焼き魚などは火が入ったか
どうかイマイチわかりずらく
ついつい焼きすぎてしまったり
、蒸しすぎてしまったりと
いうことがあると思います。

蒸し物でも焼き物でも、
まず最初にやることは蒸し物なら
蒸し器の蒸気がしっかり出るまで、
食品を入れる前に沸かしておく、
焼き物なら魚などを入れる前に
グリルの庫内をしっかりと温めておくことが
基本となります。

上記のことは意外と忘れられがちで、
品物を入れてから火をつけるということが
あるかもしれませんが手順が逆になりますので
注意が必要です。

火の入れすぎというのは、
焼き物や蒸し物に関しては
あまり良い結果となりませんので
火が入ったかどうかの見極めは
とても大切なポイントとなります。

とは言っても、どのように見極めて良いか
わかりずらいと思いますので、
1つは一定時間加熱したら
(品物によって加熱時間は異なります)
金の串などを中心部分に刺してみて
温かくなっていれば火が入っている
という目安になります。

また、余熱でもある程度火が入りますので
その部分も計算して蒸し器やグリルから
少し早めに出すものおすすめです。

IMG_3972_convert_20170629180248.jpg 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Denjuro Ishii

Author:Denjuro Ishii
料理の本質のついて綴っているブログです。
日々の料理上達への参考にしていただきワンランク上の和食の世界を体験してください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
スポンサーリンク
リンク