FC2ブログ

包丁の使い方

包丁で刻みものをするとき
何気なく切っている事も
あると思います。

包丁は、研いでどんなに切れるようにしていても
使い方を間違えていると上手に切れません。

食材を上から下に切れば切れると
思われるかもしれませんが
それだと切っているのではなく
切り口を潰している事もよくあります。

例えば、玉ねぎを切って目が痛くなるのは
玉ねぎが悪いわけでも、包丁が悪いわけでも
なく、切り方が間違っていることが
一番の原因だと思います。

切り口を潰すように切ってしまうと
目には見えませんが玉ねぎの刺激物が
たくさん出てしまいそれが目に入り
痛くなってしまいます。

包丁は、前後どちらかに動かして
切るのが基本ですので意識的に
動かすようにすると良いのですが、
自分ではできているつもりでも
潰してしまっている事も
良くありますので意識して切ることが
美味しい料理を作るコツです。

切り物は、ただ切れば良いというものではなく
その時はわからなくても切り方や切り口の
違いで出来上がりは大きく変わりますので、
まずはスピードより丁寧に切ることを
心がけて作ると同じ料理でも違った味に
仕上がります。

IMG_3133_convert_20161118191627.jpg 

応援の ポチ お願いします→
人気ブログランキング



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Denjuro Ishii

Author:Denjuro Ishii
料理の本質のついて綴っているブログです。
日々の料理上達への参考にしていただきワンランク上の和食の世界を体験してください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
スポンサーリンク
リンク